基礎からマニアな情報まで「アクトレSEO強化ゼミ」

株式会社インタースペース 門田 俊介
株式会社インタースペース
SEOグループ SEOテクニカルディレクター
門田 俊介 (カドタ シュンスケ)
トップページのみの集計で1日15,000~20,000PVものアクセスがある人気携帯サイトを個人で運営していた経験から、WEBサイトの面白みを感じ、2002年にWEB業界へ転向。WEBディレクターを経験したのち、2007年の上京をきっかけに本格的なSEOの研究をはじめる。現在では、アルゴリズムの変動やロジックを自身が運営する複数のサイトで実験しながら、日々、今最も効果のある施策を追求している。
コーポレートサイトhttp://iseo.jp/

SEOテクニカルディレクターの調査報告書 [10]-Googleが新たな特許を取得!~

  • seo
2011/04/18

いつもお読みいただき、ありがとうございます。SEOのテクニカルディレクターをしております門田と申します。

 

皆さんはtwitterを利用されていますか?リアルタイムで情報収集できるツールとして、うまく活用していきたいですよね。私もSEOの情報などをつぶやいておりますので、良かったらチェックしてみてくださいね!

 

▼Twitter

@kado_shun

 

また、情報発信の場として、iSEOのFacebookファンページを立ち上げております。お時間ある際に、ぜひのぞいてみて下さい。

 

▼Facebook

SEO成果報酬型施策「iSEO」~インタースペース Face book(フェイスブック)ページ

 

アカウントをお持ちのかたは、もし「面白い!」「役に立つ!」と思ったら、「いいね!」を押していただけると嬉しいです!

 

さて、今回のコラムの内容ですが、Googleが新たに取得した特許についてお話ししたいと思います。

 

なぜなら、Googleはさまざまな特許を取得してから検索エンジンに新たな評価基準を導入したり、アルゴリズムを更新したり、する傾向にあるからです。

 

特許を取得したからといって必ず導入されるわけではありませんが、それを見ることによりGoogleがどのような点に着目しているのか、今後の施策はどの様な事を行えば良いのか把握することができます。

 

それでは、早速Googleの新特許についてご紹介します。

 


2011年3月22日に取得したGoogle特許(英語)

Googleが取得した特許をまとめているブログ(英語)


 

この特許のポイントは下記のとおりです。

 


 

【リンク分析について】

 

リンクを掲載する場所によってその重要度が変わる可能性があります。例えば、フッターやサイドバーよりメインコンテンツからのリンクが重要視されるようになる可能性があります。

 


 

【テキスト分析について】

 

メインコンテンツは重要視されて、サイト全体でキーワードが一致する部分(サイドバーやフッター)は重要視されない可能性があります。

 


 

【画像周りのテキストについて】


画像の近くで展開されているテキストは画像に関連するテキストであることが多く、これをセグメント化することで画像を認識し、画像検索やランキングに活用する可能性があります。

 


 

【スニペット生成について】

 

検索結果に表示されるスニペットは、descriptionに書かれている内容以外にもメインコンテンツから取得して検索クエリに関連しているスニペットを生成することが、より高度にできる可能性があります。

 


 

【結論】

 

Googleはサイト内のコンテンツを理解して評価する特許を取得してよりサイト内部を細かく判断するアルゴリズムを導入する動きを見せています。

 

しかも、サイト内部を判断した結果、リンク掲載場所で被リンクの重要度も判断する可能性まであります。

 


 

 

この特許が実際に導入されるとサイドバーやフッターリンクの効果が薄くなってしまう可能性もある事から、今からコンテンツ内部からの被リンクを獲得していくことが将来の順位安定につながるかもしれません。

 

以上、今回はGoogleが新たに取得した特許について概要をご紹介させていただきました。

 

今後も、SEO施策で噂話になっていることや実際有効な施策をご紹介してまいりたいと思っておりますので、次回も読んでいただければ幸いです。

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る