各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィリエイト講座」

落合 豊
フリーランス
ディレクター
落合 豊 (オチアイ ユタカ)
コーポレートサイトhttp://ochiaiyutaka.com/
講師PR
Web制作歴10年。大手・中小企業・官公庁系サイトに、売上・アクセスアップを主目的とした制作・運用に多数従事。広範囲のWEBマーケティングに精通し、一過性の手法ではなく継続的でいて前衛的な施策を得意とする。実際に運営者本人と打ち合せを重ね、そのサイトでユーザーに何を伝えるべきなのかを見抜き、具体的にデザインに落としこむまでの工程に携わる。また、ディレクションだけでなく、自らデザインやコーディングを行う経験も豊富である。

最新!Google Analytics講座「高度な設定」篇(第4回)

  • analysis
2011/12/22

*このコラムは、2011年12月22日に配信されたアクセストレードメルマガのバックナンバーです。

 


皆さんこんにちは。フリーランスディレクターの落合 豊です。

 

今回の連載は、無料で使える高機能アクセス解析、「Google Analytics」の使い方というテーマでお届けしております。

 

最終回は、少し高度な使い方について、Tipsも交えてご紹介したいと思います。

 

では、さっそくまいりましょう。

 

新しい管理画面の「標準レポート」画面から、左側のメニューで「コンテンツ」→「ページ解析」とクリックしてください。

 

この画面では、管理サイトを表示した上で、どの領域がユーザーにクリックされたかがわかるようになっています。

 

サイトを制作する側の私たちが意図しないボタンやリンクがクリックされていたり、逆に意図して誘導したいリンクがクリックされていなかったりしてガッカリすることもしばしば。ユーザーの動きは非常に勉強になります。

 

またこの機能は、サイト内部へのリンクにしか適用されませんが、サイト外部へのクリックも実は計測できたりします。対象リンクの<a>タグ内に下記のリンクを追加してみてください。

 


onClick=”javascript: pageTracker._trackPageview(‘/click/link001′);”


※「/click/link001」の箇所は自由に変更できます。

 

この設定をすることにより、クリックした数値が「/click/link001」としてレポートに表示されるようになります。

 

また、Googleが提供する他のツールと連携し、さらに詳細な情報を取得することもできます。

 

例えば、サイト管理者向けにリンク切れのページを表示したり、バックリンク数を正確に表示する「Googleウェブマスターツール」と連携して、現在、自分のサイトが特定のキーワードにおいて何位に表示されているのかなどをレポートすることができます。


Google ウェブマスターツール

 

そして今回、最高に使いやすくなった機能として「カスタムレポート」があります。Google Analyticsのほかにも解析ツールは多数ありますが、集計方法をカスタマイズして表示することはできませんでした。

 

私が知る限りでは、月額数十万円という高価なアクセス解析ツールでしかできなかった機能ですので、それが無料でできるようになったというのは、非常に嬉しいことです。

 

まずは、ページ上部の「カスタムレポート」という画面から、大きく分けて「指標グループ」と「ディメンション」と「フィルタ」を設定します。少し聞きなれない言葉かと思いますので、以下に設定方法の例をご紹介しておきましょう。

 

サイトを運営する上でアクセス解析を突き詰めると、特定のカテゴリを除いたアクセス数の計測が必要になったりします。

 

これを行うには、そのカテゴリだけトラッキングコードをインストールしないことにするか、別途Excelなどで集計するしかありませんでした。

 

しかし、以下の設定をすれば、レポート画面でそれを実現することができます。

 


◆ カスタムレポート設定方法の例


 

指標グループに「ページビュー数」を選択。ディメンションに「第一階層」を選択してください。

 

そして、フィルタに「第一階層」を選択し下記の表示となるように設定を調整します。「除外 第一階層 正規表現 hogehoge*」

 

※「hogehoge」の部分には、あなたが運営しているサイトの第一カテゴリの名前を入力し、最後に忘れずに「*」を追加しておいてください。

 


 

上記の設定を正しく行えば、hogehogeカテゴリのアクセスを除外したカスタムレポートが作成できます。これは、アクセス解析をこだわって使われている方にとっては、非常に嬉しいレポートかと思います。

 

また、上記はカスタムレポートのいち事例に過ぎません。上記の設定は、かなり詳細にカスタマイズすることができ、できないことは無いと言っても過言ではありませんので、ぜひ応用して、自分だけのカスタムレポートを作成してみてください。

 

今回の連載は、ここまでです。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

個別でサポートをご希望の方は、私のサイトからお問い合せくださいね。ご返信が遅くなってしまう場合もあるかもしれませんが、可能な限りお応えさせていただきたいと思います!

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  
続編
2011.12.13
最新!Google Analytics講座「導入」篇(第1回)
2011.12.15
最新!Google Analytics講座「初回設定」篇(第2回)
2011.12.20
最新!Google Analytics講座「画面の見方」篇(第3回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る