各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィリエイト講座」

株式会社ギャプライズ LPO研究所
株式会社ギャプライズ
LPO研究所
LPO研究所とは、成功したノウハウ・技術を「お客様に還元する」ことを目的として発足されたギャプライズの社内チーム。各個人の経験や実績だけに頼ることなくWebマーケティングの最先端ノウハウを実践できるよう、自社内で新しいコンバージョンが上がる取組み等の仮説を立て、検証を繰り返すことで再現性のあるノウハウとして蓄積しています。
コーポレートサイトhttp://www.gaprise.com/
講師PR
400本超の実績、あります。LPOを活用した最強プル型Web営業構築サービス『LPM』
http://www.lpo-lpm.com/

LPO研究所「ターゲットに刺さるキャッチコピー」

  • publish_advertise
2012/01/12

こんにちは!株式会社ギャプライズのLPO研究所です。

 

今回も、「SEO」や「リスティング広告」などの“アクセスアップ”手法に比べておろそかになりがちな、より効率良くコンバージョンを生むための施策「LPO」について、すぐに使える情報をお届けいたします。

 

今回のテーマは、「ターゲットに刺さるキャッチコピー」。それではさっそくまいりましょう。

 

私はキャッチコピーを書くときに、「誰に対してのメッセージかをはっきり伝える」ということを強く意識しています。商品の良さや強みをキャッチコピーで表現しても、それだけでは見る側に伝わりづらい場合があるからです。

 

また、Webサイトが乱立しているこの時代では、より絞り込んだメッセージでなければ、ターゲットの心をつかむことはできません。

 

例を見てみましょう。

 


「草花木果」 透肌トライアルセットLP


 

上記は、ただ化粧品の良さを伝えるだけでなく、「毛穴が開いている人限定」とすることで「誰」に対してのメッセージかを明確に伝えています。

 

こうすることで、商品の強みはより際立ち、興味のある人の心をグッとつかむキャッチコピーになっています。

 

この、「誰」に対してのメッセージかを明確に伝えるキャッチコピーを考えるときに大事なポイントがありますのでぜひ覚えておいてください。

 

それは、「2軸以上」「ピンポイント」で絞り込むことです。

 

上記の例でいえば、「毛穴が開いていて悩んでいる女性」です。

 

まず、「2軸以上」というのは「毛穴が開いている」「女性」という部分。このように具体的に絞り込めば絞り込むほど、ただ「女性のあなた」とするよりもダイレクトに刺さるキャッチコピーになります。

 

また、「ピンポイント」というのは「毛穴」という部分。ここもただ「肌に悩んでいる」とするよりも「毛穴」に絞ることで明確に伝わる形になっています。

 

このようにターゲットを明確に絞り込む技術を「フラッギング(旗を立てる)」と言います。皆さんのキャッチコピーは、ターゲットに刺さるように「フラッギング」されていますか?ぜひ、意識してみてくださいね。

 

今回は、ここでおしまいです。それでは、またお会いしましょう!

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る