各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィリエイト講座」

株式会社ギャプライズ LPO研究所
株式会社ギャプライズ
LPO研究所
LPO研究所とは、成功したノウハウ・技術を「お客様に還元する」ことを目的として発足されたギャプライズの社内チーム。各個人の経験や実績だけに頼ることなくWebマーケティングの最先端ノウハウを実践できるよう、自社内で新しいコンバージョンが上がる取組み等の仮説を立て、検証を繰り返すことで再現性のあるノウハウとして蓄積しています。
コーポレートサイトhttp://www.gaprise.com/
講師PR
400本超の実績、あります。LPOを活用した最強プル型Web営業構築サービス『LPM』
http://www.lpo-lpm.com/

LPO研究所「成果が出やすいサイトの見分け方」(第2回)

  • analysis
2011/07/13

こんにちは!株式会社ギャプライズのLPO研究所です。

 

今回も、「成果が出やすいサイトの見分け方」というテーマでお届けしてまいります。

 

サイトに「会社概要」が掲載されていないと、ユーザーはアクションを起こす前に不安になるため大きな機会損失につながる、というお話の続きです。それではまいりましょう。

 

Webで商品を購入するとき、サービスに申込むとき、ユーザーは、その会社が信用できるかどうかを、「会社概要」を見て判断したいと考えます。

 

「会社の場所はどこかな?」

「代表者の名前がないからあやしいな…」

「設立からの期間が短いな…」        などなど、

 

皆さんも共感できる部分があるのではないでしょうか。

 

あなた自身がユーザーの立場になると、気持ちがよくわかりますよね。

 

これは、弊社がマーケティングを手がける際に重視している「11の購買心理プロセス」の中の“不安”にあたります。

 

実際に、会社概要を改善しただけで、問い合わせが増えた事例もございます。

 

アフィリエイターである皆さんは、マーチャント(広告主)のサイト内容を変えることはできませんが、どのプログラムで広告掲載するかは選べます。

 

せっかくなら、ユーザーが安心できるマーチャントサイトが良いですよね。

 

ぜひ、会社概要はきちんと掲載されているか、また掲載されている場合は下記のような項目がきちんと書かれているかをチェックしてみてください。

 


◆ 「会社概要」でチェックするべき項目


 

・設立年月日が載っているか?

・代表者名が載っているか?

・住所が載っているか?

・取引業者は載っているか?

・取得した資格や賞などはないか?

 


 

あなた自身の紹介ページの改善ももちろん大切ですが、マーチャントサイトに入った後のユーザーの気持ちも考慮して掲載するプログラムを選ぶと成果発生数のアップにつながるかもしれませんよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね。それでは、今回はここまで。またの機会にお会いしましょう!

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  
続編
2011.07.11
LPO研究所「成果が出やすいサイトの見分け方」(第1回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る