各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

落合 豊
フリーランス
ディレクター
落合 豊 (オチアイ ユタカ)
コーポレートサイトhttp://ochiaiyutaka.com/
講師PR
Web制作歴10年。大手・中小企業・官公庁系サイトに、売上・アクセスアップを主目的とした制作・運用に多数従事。広範囲のWEBマーケティングに精通し、一過性の手法ではなく継続的でいて前衛的な施策を得意とする。実際に運営者本人と打ち合せを重ね、そのサイトでユーザーに何を伝えるべきなのかを見抜き、具体的にデザインに落としこむまでの工程に携わる。また、ディレクションだけでなく、自らデザインやコーディングを行う経験も豊富である。

集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第1回)

  • publish_advertise
2011/01/31

皆さんこんにちは。フリーランスディレクターの落合豊と申します。

 

これから皆さんへ、アフィリエイト収益の向上のための情報をお伝えできればと思っておりますので、ぜひ、実践できるポイントを探りながらお読みください。それでは今回のお話に入っていきましょう。

 

突然ですが、あなたが今見ているPCの「ディスプレイ」。それが一体何のために作られたのかを考えたことはありますか?

 

もちろんディスプレイは、コンピューターの情報を映し出し、人が見るための装置です。ただ、単に映すだけでなく人が使いやすいように綿密に設計されています。

 

元々ガラス製の重いブラウン管だったディスプレイは、薄型軽量の液晶になり、ワイドサイズになり、高解像度になるなど、日々、人が使いやすいように進化を続けています。

 

近い将来には、サングラスやコンタクトレンズのような形になっていくかもしれません。

 

キーボードやマウス、それらを置くためのテーブル、長時間座っていても疲れないような椅子まで、日常、私たちが目にするすべてのものにはそれぞれ「目的」があり、その目的を効率的に達成するために設計され、製造されているのです。

 

では、現在あなたが運営しているWebサイトは、一体“何の目的”で作られていますか?

 

私は、仕事でWebに携わって早10年。現在の役目は、商品を売りたい、情報を配信したいというサイト運営者様と、それらを必要としているユーザーを“効率的に”つなぐことです。

 

しかし残念ながら、世の中のWebサイトはその「効率」に問題を持っているケースが少なくありません。

 

今回の連載では、私自身が経験から得たノウハウを元に、漠然としたテーマではなく、新規サイト制作やリニューアルにおいて非常に重要となる「情報設計」に関する“具体的な手法”をお伝えできればと思っています。

 

その手法は、すぐにでも実践できるものですが、すでに運営しているサイトを改善したい方は、次にリニューアルを行う際の参考にしていただけますと幸いです。

 

それでは、次回は、サイトを大きくするための「情報設計」について解説してまいりますので、お楽しみに。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2011.02.01
集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第2回)
2011.02.03
集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第3回)
2011.02.04
集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る