各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

落合 豊
フリーランス
ディレクター
落合 豊 (オチアイ ユタカ)
コーポレートサイトhttp://ochiaiyutaka.com/
講師PR
Web制作歴10年。大手・中小企業・官公庁系サイトに、売上・アクセスアップを主目的とした制作・運用に多数従事。広範囲のWEBマーケティングに精通し、一過性の手法ではなく継続的でいて前衛的な施策を得意とする。実際に運営者本人と打ち合せを重ね、そのサイトでユーザーに何を伝えるべきなのかを見抜き、具体的にデザインに落としこむまでの工程に携わる。また、ディレクションだけでなく、自らデザインやコーディングを行う経験も豊富である。

集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第2回)

  • publish_advertise
2011/02/01

皆さんこんにちは。フリーでディレクターをしている落合豊です。

 

アフィリエイトで多くの収益を得るためには、サイトにたくさんの人を集める必要があり、そのためにはユーザーにとって有益な情報を多数掲載することが大切になってきます。

 

しかしながら、サイトに何を掲載してよいかわからないというのが、サイト運営者の大きな悩みの一つであります。

 

今回は、その悩みを解決することを目的として、数百~数千ページにおよぶサイトを構築するための「情報設計」手法について、解説してまいります。

 

早速ですが、例として私の大好きな「ファッション」に関する情報サイトを実際にどのようにして設計すればよいかを具体的にお伝えしてまいりましょう。

 

まず初めに「ファッション」という幅広いキーワードから、どのようにカテゴリ分けすれば情報量の多いサイトになるかを考えてみます。以下に、例を挙げます。

 


◆ キーワードから派生するコンテンツの「カテゴリ」例


 

【カテゴリ1】 オススメのお得なファッションサイトを紹介する

 

【カテゴリ2】 私がよく行く洋服屋さんを立地なども踏まえて紹介する

 

【カテゴリ3】 気になるファッションブランドの新作アイテムを紹介する

 

【カテゴリ4】 ゴシップあり!?私服が参考になる芸能人やモデルの紹介

 

【カテゴリ5】 今シーズンの流行に関するコラム

 


 

こういったカテゴリを用意しておけば、新しい話題が毎シーズン次々と生まれるため、掲載する情報が尽きることはありませんね。

 

これらをサイトに落としこむためのポイントは、カテゴリごとに「情報群」を見つけ出すことです。

 

上記のカテゴリ例における情報群は次のようになります。

 


◆ 各カテゴリの元となる「情報群」


 

【カテゴリ1】 通販サイト

【カテゴリ2】 店舗

【カテゴリ3】 商品

【カテゴリ4】 モデル

【カテゴリ5】 コラム

 


 

【カテゴリ3】については、「ブランド→商品」のように、ブランドカテゴリの中に商品ページがあっても良いかもしれませんね。

 

※GoogleがWeb情報をベースにキーワードをどう関連付けているかのヒントを探すには『Googleワンダーホイール』というツールが便利です。調べたいキーワードを検索し、検索結果画面の左側にある「ワンダーホイール」ボタンをクリックしてみてください。

 

その後、各カテゴリに沿った内容のオリジナル文章・画像を公開していけば、サイトは一定の設計にのっとったままその規模を拡大していくことができます。

 

次に考えるべきは、ページ同士の「リンク」方法です。例えば、『モンクレール』というブランドの新作ダウンジャケットを紹介するページから、違うカテゴリの「ファッションリーダーの木村拓哉さん」というページにリンクするとします。

 

そのリンクは、カテゴリをまたいだリンクとなるため、上階層から下に向かうツリー状ではなく、あなたのサイト内で網目状の「ネット」を形成します。これと同じ構造で設計されているのが皆さんご存知の「Wikipedia」です。

 

膨大なページが、関連するキーワードでリンクし合い、その強力なリンク構造が巨大サイトを形成し、拡大し続けています。

 

実は、SEOを行う上で“情報の分類”は最も重要。事実、情報が整理されたWikipediaは様々なキーワードの検索結果でよく見かけますよね。

 

あなたもぜひ、Webという広大な海に大きな網を仕掛けてSEOに強いサイトを構築し、“大漁”の成果を獲得してください。

 

以上、「情報設計」の大切さとポイントをつかんでいただけましたでしょうか。ご質問などあれば、私のサイトからお気軽にご連絡ください。

 

次回はユーザーの行動を支配する「導線設計」について解説してまいります。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  続きを読む>>
続編
2011.01.31
集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第1回)
2011.02.03
集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第3回)
2011.02.04
集めて読ませて購入させるための「情報設計」(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る