各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社プレシジョンマーケティング 羽熊 洋
株式会社プレシジョンマーケティング
プロデューサー
羽熊 洋 (ハグマ ヒロシ)
上場SEM(Search Engine Marketing)専門会社にて営業・コンサルティング業務に従事。大手企業を始めとする幅広いクライアントに対し、キーワード広告とSEOで支援して成果を残す。業種としては、不動産業・サービス業・人材業など。現在もキーワード広告を中心にクライアントのウェブマーケティングの支援を行っている。
コーポレートサイトhttp://precimarke.jp/
講師PR

リスティングキーワード作成に役立つツール

  • attract_users
2011/04/13

アクセストレードパートナーの皆さん、こんにちは。羽熊洋(はぐまひろし)です。

 

今回は、リスティング広告の掲載内容のひとつ、「キーワード作成」を行う際に役立つツールをご紹介してまいりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 


◆ 「キーワード作成」で使えるツール


 

リスティング広告に関するツールは、ネットや本で多数紹介されていると思いますが、今回は私自身がよく利用するものをご紹介します。

 


◆ 「GoogleAdWordsキーワードツール


 

Google公式の代表的な無料キーワードツールです。

 

商材に関連するキーワードを検索ボックスに入れることで、メインキーワードとそれに関連するキーワードが出てきます。

 

また、それらのキーワードが月間でどれくらい検索されているか、また、月ごとの検索推移なども表示してくれますので、検索数が多いキーワードと少ないキーワードがわかります。

 

そして、そのキーワードが1クリックいくらかかるのかも、画面上の「表示項目」をクリックし、「推定平均クリック単価」という項目をチェックすると出てきます。これを参考にして月間の必要予算の計算もできます。

 


◆ 「Yahoo!キーワードアドバイスツール」


 

Yahoo!リスティング広告を申し込むと使えるツールです。

 

基本は上記のGoogleAdWordsキーワードツールと同じですが、Yahoo!JAPANでの検索数や1クリックの単価を知りたいときに利用します。

 


◆ 「類語.jp


 

キーワード作成で、言い換えのキーワードを調査する際に利用します。

 

リスティング広告においては、「A」というキーワードは1クリック単価が高くても、言い換えをした「B」というキーワードの1クリック単価は安い、ということがよくあります。

 

ですから、同じ予算を使ったとしても、1クリック単価が安いキーワードをたくさん出す方が、ユーザーをサイトへ誘導できる回数を増加させることができるのです。

 


 

 

今回は、ここまでです。それではまた次回お会いしましょう。ありがとうございました。

 

 

【!】ご注意ください

 

リスティング広告は費用が発生するため、思うように成果につながらない場合は損失が生じる可能性がございます。自己責任の範囲でご利用くださいますようお願いいたします。

 

また、リスティング広告の利用がNGのプログラムもありますのであらかじめご了承ください。

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る