各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社ギャプライズ LPO研究所
株式会社ギャプライズ
LPO研究所
LPO研究所とは、成功したノウハウ・技術を「お客様に還元する」ことを目的として発足されたギャプライズの社内チーム。各個人の経験や実績だけに頼ることなくWebマーケティングの最先端ノウハウを実践できるよう、自社内で新しいコンバージョンが上がる取組み等の仮説を立て、検証を繰り返すことで再現性のあるノウハウとして蓄積しています。
コーポレートサイトhttp://www.gaprise.com/
講師PR
400本超の実績、あります。LPOを活用した最強プル型Web営業構築サービス『LPM』
http://www.lpo-lpm.com/

事例を徹底分析!「“共感”という心の鐘を響かせろ」(第2回)

  • publish_advertise
2010/12/16

こんにちは!株式会社ギャプライズのLPO研究所です。

 

今回も、前回に引き続き、

 


◆グローバル・ソリューションズ株式会社様 『フクリコ』ランディングページ


 

上記『フクリコ』の事例から、アフィリエイトで役立つランディングページの“LPOテクニック”を学んでいきましょう。

 

ぜひ、ご自分のサイトがどうなっているのかも確認しながらお付き合いくださいね!

 


◆ポイント1: 明確な呼びかけ


ターゲットとなる「社長」に対し、 注意と興味を惹かせる「大変です」を付けて呼びかけ。


 

名前や役職には一種の「呪縛」めいたものがあり、呼ばれると振り向いたり返事をしたりする、リアクションの反応率が高いものとして知られています。

 

メインキャッチの「社長!大変です!」。これは何気ない一言に見えますが、ファーストビューでターゲット層を引きこむことに成功しています。

 

ターゲット設定ではつい欲張りになり、あの世代、この世代と広げがちになりますが、「絞り込む」ことでより、本当に獲得したいターゲットに強く訴求することができるようになります。

 

皆さんのサイトは、欲張りすぎたターゲット設定になっていませんか?

 


◆ポイント2: ページ内リンクメニューの設置


知りたい情報をメニュー化し、 アンカーリンクを付けてページ内遷移させている。


 

1枚完結型ランディングページの特徴に、「ストーリー性」があります。

 

メインビジュアルでターゲットをグイっと引き込み、下へと読み進めることで、期待感・納得感を高め、不安を解消し、クリックを促します。

 

ページ内リンクを設置した場合、このストーリー性は意味をなくし、説明し尽くす前に離脱!といったケースも考えられるため、「ページ内リンクはCVRを落とす!」といったデータもありますが、今回のケースはどうでしょうか?

 

ターゲットは「社長」。「多忙なため要点だけを伝えてほしい」という方が多いと思います。このページは決して長くはありませんが、ターゲットを想定し、伝えやすい方法として、ページ内リンクを付けたと推察されます。

 

皆さんのサイトは、誰をターゲットとしていますか?場合によっては、「ページ内リンク」も有効かもしれないので、深く考察してみてください。

 


◆ポイント3: 説得力ある構成ストーリー


サービス一覧→利用ケース例→システム→料金が たったの「280円」、という締めの驚きでハートを ワシづかみに。


 

ページ内リンクは設定していますが、基本となる構成ストーリーはしっかりと作り込まれています。

 

自慢のサービスや商品ですので、どうしても特徴やシステムの話を先にしてしまいがちですが、難しい・理解できない情報は離脱を生じさせます。

 

皆さんのサイトでは、商品・サービスをどのように紹介しているでしょうか。説明ばかりが先にきていませんか?

 

アフィリエイトサイトでは、多くの方が商品の特徴や詳細などを羅列しがちですが、それではいけません。

 

まずは、その商品・サービスを利用することで「これだけ得することができます」という情報を提示し、その後で、システムや料金の話をする方がユーザーにとっては理解しやすいのです。

 

『フクリコ』の場合、伝えたいことは「280円でここまでできます!」ですが、メインビジュアルでは「驚き」、最後の料金説明では「納得」に変わっているあたりに、巧妙な戦略設計が伺えますね。

 


 

以上、今回は『フクリコ』を取り上げましたがいかがだったでしょうか?

 

ターゲットを明確にし、導入部分のキャッチコピーで訴えかけるのは王道のスタイルですが、さらに奥へと一歩進み、ターゲットに何が響き、何を思い、どう行動するのかを考え、それに合わせたページ設計およびストーリー設計を行うことが重要です。

 

実際にご自身が「いつの間にか購入ボタンをクリックしていた…」という体験をしたときは、クリックした後にページを見直して、誘導された仕掛けを考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

もしもあなたが、複数のサイトをお持ちで、「成果が出るサイト」と「成果が出ないサイト」が分かれているようであれば、それらを比較してみるのも良いでしょう。

 

今回の連載は、ここまでです。ぜひ参考になさってくださいね。それではまた次回、お会いしましょう。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  
続編
2010.12.15
事例を徹底分析!「“共感”という心の鐘を響かせろ」(第1回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る