アクトレ中の人が調べる!

アクトレ中の人
アクトレ中の人
コーポレートサイトhttp://www.accesstrade.net/
講師PR

いまさら聞けないSEOって何?~SEOとは~

  • seo
2013/06/04

 
本日は、みなさまに「SEO」のお話でも。

 

この記事の読 者のみなさまをはじめ、ウェブサイトの制作にたずさわったことがあるかたなら、きっと、一度は目にしたり耳にしたり、時には口にしたりしたこともあるでしょう。

 

私ほどのSEO強者(もさ)ともなれば、口にしすぎてお腹を壊したことさえあります・・・。

 

そういう話ではないですね。はい。

 

さて、話を戻しますが、 まずは読み方。そもそも何と読むのでしょう?

先に答えを言ってしまうと、一般的には「エス・イー・オー」と読みます。「セオ」と読む方も時々いらっしゃい ますが、某大手航空会社の社名を「エー・エヌ・エー」と読むこともあれば「アナ」と読むこともあるように、あながち間違いではないかと思います。

 

アナだけ に・・・。

 

次に言葉の意味。SEOとは、“Search Engine Optimization”の頭文字をとった略語で、和訳すると

 

“検索エンジン最適化”です。

 

NHK=日本放送協会と同じ?ですね・・・?

そろそろ、真面目な話をさせてもらうと、

SEOって、一般的には「特定キーワードでの検索結果の上位に、特定のウェブサイトを表示するための技術手法」または、極端な例だと「何かのキーワードで1位を獲得するためのテクニック論」と捉えられています。

 

たしかに、そうなのです。間違ってはいません。でも、決して正解でもないと思います。

 

よくよく考えてみると、1位を獲得することって実は目的ではなくて、通過点でしかありません。

 

たとえば、『ウェブサイト経由の売り上げを伸ばしたい』

 

そのためには『訪問者を増やしたい』そのプロセスとして『検索結果で上位にしたい』という本質的な狙いが必ずあるはずです。仮に会社経営者の立場であれば、経営者としての意地やプライド、ブランディングの観点から、ライバルより上位にいることにこそ重要と考える場合もあるので、1位に表示されること自体が目的のケースもありますが、通常、何かを成し遂げるために検索結果の上位表示することがSEOと定義されます。

 

ここからは、もう少し真面目なお話を展開させていただきます。

SEOは、広義の意味で言うと、マーケティング活動の一環です。検索エンジンを通じたマーケティング活動で、ウェブマーケティングの一部ですね。

 

ちなみに、マーケティングとは、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動 」とWikipediaに記されています。簡単に言うと、企業(情報発信者)と生活者との接点を拡大するためにおこなう活動全般といったところでしょうか。

 

SEOは、検索エンジンが好む様式にHTMLソースなどを編集したりする必要が少なからずありますが、そのことよりも、インターネットを通じてサイトを見ている生活者のかたに、どういった情報を伝えて、その結果どうして欲しいのかというコンセプトワークの方が重要だったりします。

 

たとえば、ダイエット食品を扱うウェブサイトを運営していると仮定します。

 

その際、狙うべき検索キーワードとは何でしょう?

 

ダイエット?ダイエット食品?それとも?

 

・・・正直、「これ」という答えはないと思います。

 

ただ、思い浮かべていただきたいのは、そのサイトに訪れるユーザがいるということです。

ユーザは何を思って検索しているのでしょう?

どういう情報を欲して検索しているのでしょう?

 

ですので、ここでは、SEOで対策すべき(ページのテーマとして扱うべき)

キーワードを選定する際の考え方について解説します。

 

(検索ボリューム≒市場の大きさの話はここでは割愛させていただきます)

 

先述のダイエット食品を扱うウェブサイトを例にあげると・・・

 

 

◆ダイエット


このキーワードを狙うと仮定します。

その場合、ダイエットというフレーズには、運動や断食、エステサロンでのダイエットなど、様々なニーズが含まれます。

ですので、ダイエット食品を訴求すると考えた場合には、大なり小なりノイズが含まれます。

ただし、運動でダイエットしようと考えていた人に対して、ダイエット食品という気付きを与えることもできます。


 

 

◆ダイエット食品


このキーワードに関しては、言うまでもなくその商品の代名詞的キーワードなので、直接的にその商品のことをアピールできます。

ただし、逆説的に考えると、ニーズの絞り込みを行っているため、様々なニーズのユーザへの幅広いリーチは困難と言えるでしょう。


 

 

◆食事制限


このキーワードは、いわゆる「言い換えワード」と呼ばれるもので(ちょっと無理があるかもしれませんが・・・)

直接的にその商品を表すフレーズではなくても、食事を制限している人は、ダイエット食品を探している可能性が高い

といった具合に、簡単にその商品を連想できるワードです。

このようなキーワードが選定できる場合には、たとえば、直接的なキーワードで競合サイトがひしめき合っていて

上位表示が困難な場合に、あえてキーワードを言い換えることで、

効果的にその商品の潜在顧客や建材顧客に対して訴求することもできます。マーケティング用語で言うところの

ブルーオーシャン戦略ともいえますね。


 

 

◆その他掛け合わせキーワード


「ダイエット食品 × おきかえ」「ダイエット食品 × 間食」などのダイエット食品を軸にして、さらにニーズを絞り込むことができます。

いわゆるロングテールワードに分類されるワードも含まれます。

なお、掛け合わせキーワードは、検索の意図も絞り込まれるため、単キーワードに比べて訴求できるユーザの母数も絞り込んでしまいます。


 

 

いかがでしょうか?実に奥の深い世界ですね。

 

先にも申しましたが、キーワード選定には、どのキーワードが最適かという絶対的な答えはありません。

 

近代マーケティングの父、フィリップ・コトラー氏は、著書の中で「最も腕の良い漁師とは、ライバルよりも魚のことをよく理解した漁師である」という表現を用いていますが、本稿で言うところの、ユーザは何を思って検索しているのか?

 

どういう情報を欲して検索しているか?という発想のもと「ユーザをよく理解」したうえで、

どういったユーザに、どういったアプローチをしたいかという観点でキーワードを選ぶとよいでしょう。

 

 

次回は、「SEOの本質」というテーマでお送りします。お楽しみに。

 

 

 

【ご注意ください】

このコンテンツで紹介されているサイトおよびサービス(ツール)は、
アクセストレードが運営するものではありません。必ず使用方法や注意
事項等をよく理解した上で、ご自身の判断のもとでご利用ください。

万が一、損害・トラブル等が生じた場合も、執筆者およびアクセス
トレードは責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2013.06.06
いまさら聞けないSEOって何?~SEOの本質~
2013.06.11
いまさら聞けないSEOって何?~最近のSEO事情~
2013.06.13
いまさら聞けないSEOって何?~ランキング変動について~

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る