中の人がホンネを漏らす「アクトレ社員の午後」

株式会社インタースペース 高橋 正浩
株式会社インタースペース
PCアフィリエイト事業部・第一コンサルティンググループ・マネージャー
高橋 正浩 (タカハシ マサヒロ)
株式会社インタースペースに入社以来、PCアフィリエイト事業部のパートナーセールス業務(サイト運営者様への企画・提案営業)に従事。現在は、同事業部の金融系広告主様に対して提案営業を行う部署を統括している。できるだけ多くの人々に、アフィリエイトを身近に感じてもらえるよう、日々奮闘中!
コーポレートサイトhttp://www.interspace.ne.jp/
講師PR
『アクセストレード』サイト
http://www.accesstrade.net/

本当のユーザー目線って何だろう?(第2回)

  • publish_advertise
2010/05/07

こんにちは!高橋正浩でございます。


前回、サイトを厳しい「ユーザー目線」で見つめ直すことが大事、というお話をさせていただきましたが、今回はその続き。成果を上げるためには、どのようにサイトを改善すればいいのか、についてお話させていただきたいと思います。


それではまず、サイト運営者としてではなく、エンドユーザー(サイトの閲覧者)の感情を想像して、ご自身のサイトを眺めてみてください。


そうすると、あなたのサイトにはこんな特徴が見てとれませんか?


<1> バナー広告だけが大量に掲載されている。

<2> 商品の特徴を文章で説明していない。

<3> 商品の特徴は記載しているが、機械的(平坦)な文章である。


いかがでしょうか。「こんな特徴は自分のサイトには当てはまらない!」そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、はたして‘絶対にない’と言い切れるのでしょうか。


これらの特徴が完全に当てはまることは少ないにしても、それぞれのカケラ程度は要素を持ち合わせていませんか?どうぞ、できる限り厳しい目で観察してみてください。


私はこれまでに、数多くのパートナーサイトを拝見してきましたが、成果件数がなかなか向上しないサイトは、やはり、共通して上述のような特徴を持っていました。


では、その正しい改善方法とは?答えは非常にシンプルです。


「サイト閲覧者が何を求めているのか」をサイト閲覧者の目線に立って想像し、親しい友達に対してするように親身になって商品の特徴を伝えてあげる。ただ、それだけです。


次回は、さらに具体的に成果を出すためにできることをご紹介してまいります。どうぞお付き合いくださいませ。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  続きを読む>>
続編
2010.05.06
アフィリエイトって難しい?(第1回)
2010.05.10
本当のユーザー目線って何だろう?(第3回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る