副業アフィリエイターの実態「快適アフィリーマン生活」

株式会社ネットピコ 中野 貴利人
株式会社ネットピコ
代表取締役
中野 貴利人 (ナカノ キリト)
2005年から副業でアフィリエイトを開始。2007年に本業を辞めて独立。副業をテーマにしたサイトが、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」やTBS「がっちりマンデー」のほか、ニューヨーク・タイムズ国際版、朝日新聞でも取り上げられる。日経WOMAN、AneCan、BIGtomorrow、CIRCUSなど雑誌掲載も多数。
コーポレートサイトhttp://www.netpico.jp/blog/
講師PR
新著「会社を辞めずに月10万円!副業・内職トラの巻」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4827206589/

SEOの体験談-2012年2月版(第2回)

  • seo
2012/02/24

こんにちは!株式会社ネットピコの中野です。

 

前回に引き続き、「SEOの体験談(2012年2月版)」というテーマで、私のリアルな体験談をご紹介してまいります。

自分のサイトと比較しながら、「そうかもしれない」や「それは違うだろう」と判断していただければ幸いです。

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

 


◆ 体験談2 「中古ドメインで順位は上がるけど、急落あり」


 

中古ドメインの一般的な認識に対して、体験談をもとにした私の考え方を紹介します。

 

【疑問1】中古ドメインはインデックスやバックリンクを引き継げる??

 

⇒引き継げる可能性はあります。

実際、ドメインのパワーだけで上がることもあります。

ただし、経験上は10個取得したら、50%以下の確率です。

 

【疑問2】Googleは所有者が変わると、中古ドメインを無効化する??

 

⇒ドメインの所有者が変わるだけで、無効化はしません。

所有者は重要なロジックに該当しないと考えています。
サイトの売買、運営者の変更、事業の法人化など、所有者が変わる正当な理由は多々あるので、その判別は難しそうです。

 

【疑問3】中古ドメインは1週間~1ヶ月以内に一気に上位に表示できる??


⇒キーワードに対するライバルサイトの強さにもよります。

ただ、最初のうちはバックリンクをコンスタントに供給し続けないと、長期的には下落してしまうことが多かったです。

 

【疑問4】中古ドメインを取得するときはバックリンク数が重要??

 

⇒最も優先すべきは「ワンオーナーだったかどうか」です。

過去に中古ドメインとして運用されていたら、まず取得しません。

過去に急にタイトルやコンテンツが変わって多方面に発リンクを設けていたら、Googleも「このサイトはおかしい」と判断しているはずです。

 

その次にインデックス削除の有無、言語、PageRank、バックリンク元のPageRank、バックリンクの量、IP分散率(偏っていると1度に撤去される可能性があるため)、運用の空白期間(あまり放置されすぎは無効化されやすい)、などで使える中古ドメインを判断します。

 

【疑問5】「価値ある中古ドメインはメインサイトに使うほうがいい??」

⇒中古ドメインは、既存のバックリンクが徐々に減少していく傾向にあります。これは普通のサイトとは逆の流れでして、効果の持続力には疑問が残ります。やはり、私はメインサイトを新規ドメインで、バックリンク元としてサテライトサイトを中古ドメインにしています。

 

 


◆ 体験談3 「順位下落リスクを避けるためにAdSenseを撤去」


 

複数のサイトにおいて、上部に設置していたAdSense広告を撤去しました。SEOmozのブログ記事で、パンダアップデートでランクダウンするコンテンツの特徴を紹介していたからです。

 


[参照]SEOmoz The Daily SEO Blog ※英語サイトです
Beating Google’s Panda Update – 5 Deadly Content Sins


 

その記事で1つでは、「ファーストビューで見える範囲にある広告の割合が多かったら、
パンダアップデートで順位を落とす」可能性に言及していました。

 

「AdSense says “yes”」
「Panda says “Penalty”」

 

AdSenseでは推奨している「ファーストビューにAdSense Codeを貼り付けること」は、Google(パンダアップデート)の考え方ではペナルティのようです。

 

GoogleのMatt Cutts氏も「ファーストビューに広告が、たくさんあるページにクオリティが高いコンテンツがある確率は低い」として、「順位がダウンする可能性がある」と述べています。

 

私も以前はヘッダーやタイトル直下にAdSenseを並べていました。

しかし、今回はパンダアップデート対策として、急いで撤去して、サイト下部だけ残しました。

 

その結果、売上は若干下がりましたが、順位はキープしています。もちろん、この対応のおかげで順位がキープしているかどうかの証拠はつかめません。

ただ、「短期的な収入は気にせず、リスクを抑えた長期的な運営」をするスタイルが、順位安定のキーだったりします。

 

AdSenseの位置が検索順位に影響しているとわかったら、今後はアフィリエイト広告の掲載位置などにも考慮したいです。

 


 

以上、「SEOの体験談(2012年2月版)」というテーマでお届けしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

私の実体験を参考に、皆さんもアフィリエイト報酬の獲得につなげていただければ幸いです。

 

それでは、がんばってくださいね!

 

 

 

【!】ご注意ください

このコンテンツでご紹介しているのは、あくまでも執筆者の体験談です。

万が一、この内容によって損害、トラブル等が生じた場合も責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  
続編
2011.02.21
SEOの体験談-2012年2月版(第1回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る