各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィリエイト講座」

株式会社ギャプライズ LPO研究所
株式会社ギャプライズ
LPO研究所
LPO研究所とは、成功したノウハウ・技術を「お客様に還元する」ことを目的として発足されたギャプライズの社内チーム。各個人の経験や実績だけに頼ることなくWebマーケティングの最先端ノウハウを実践できるよう、自社内で新しいコンバージョンが上がる取組み等の仮説を立て、検証を繰り返すことで再現性のあるノウハウとして蓄積しています。
コーポレートサイトhttp://www.gaprise.com/
講師PR
400本超の実績、あります。LPOを活用した最強プル型Web営業構築サービス『LPM』
http://www.lpo-lpm.com/

一眼レフ購入から考えるマーケティング

  • attract_users
2012/01/31

こんにちは!株式会社ギャプライズのLPO研究所です。

 

今回も、「SEO」や「リスティング広告」などの“アクセスアップ”手法に比べておろそかになりがちな、より効率良くコンバージョンを生むための施策「LPO」について、すぐに使える情報をお届けいたします。

 

さて、先日私がデジタル一眼レフカメラを衝動買いしてしまった際の購入心理フローを振り返りつつ、マーケティングについて考えてみたいと思います。

 

購入までのフローは、大枠以下の流れでした。

 


◆ デジタル一眼レフカメラを購入したときの心理フロー


 

・ヤマダ電機でパンフレット収集

 

・一度家に持ち帰り、ひと通りの知識を身につけて定員に聞きたい内容をまとめる

 

★再度ヤマダ電機に向かい店員にオススメを聞く

 

・カカクコムで定員オススメ商品と人気商品を比較(この時点で定員オススメのカメラが一番良かったが、購入のタイミングは家族会議で年始セール時に決定)

 

・年末実家に帰る途中、デジカメを忘れたことに気づく。 正月に息子に着物を着せる予定だったので、 絶対にカメラで撮りたいという欲求が 強く発生

 

・池袋が実家に帰る通り道だったので、ヤマダ電機で購入

 

 


 

 

今回、私の一眼レフ購入に大きくインパクトを与えたのは、「★再度ヤマダ電機に向かい店員にオススメを聞く」というポイントでした。

 

なぜなら、ヤマダ電機の店員が「子供を撮るなら、子供の笑顔を逃さず撮れるので連写に強いこのカメラがオススメです!」とセールストークをかましてきたからです。

 

正直、今のカメラは高性能で、どれも一定レベル以上の性能はあります。そんな中、私自身もどのポイントを重視して購入するかを決めかねていました。ヤマダ電機の店員は、私が子連れだと見るやいなや、ターゲットに合わせた的確なコピーを繰り出してきたのです。

 

カメラの機能は、連写機能・編集機能・ズーム機能などさまざまですが、結局ユーザーの心を動かすのは機能ではなく、「その機能がどう自分に役立つのか」ということ。自分事(じぶんごと)化させることがポイントなのです。

 

ホームページやランディングページを構築する際に、私は、「機能」を訴求するのではなくお客様にとっての「価値」を訴求できているかどうかを重視してキャッチコピーなどを考えています。

 

ご自身のアフィリエイトサイトを振り返り、「機能」ばかりの訴求になっているとしたら、それはターゲットユーザーには届いていないかもしれません。今一度、見直してみることをオススメします!

 

今回は、ここでおしまいです。それでは、またお会いしましょう!

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る