各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社ベーシック 吉田 敦彦
株式会社ベーシック
Ferret事業部部長 兼 プロデューサー
吉田 敦彦 (ヨシダ アツヒコ)
1978年2月15日生まれ。大手電気メーカーにて流通・製造業などの業務/会計分野のコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社で戦略室室長および取締役(COO)を兼任。2008年9月 株式会社ベーシックへ入社。同社が運営するマーケティングサイト「Ferret PLUS」のプロデューサーを担当。2010年4月 Ferret事業部 部長へ就任 現在に至る。
コーポレートサイトhttp://www.basicinc.jp/
講師PR
【会員数10万人】WEBツール&情報ポータルサイトマーケター、アフィリエイターのための『Ferret PLUS』
http://ferret-plus.com/

見込み客を集めるためのキーワード選び(第1回)

  • analysis
2010/05/11

初めまして、株式会社ベーシックの吉田敦彦と申します。あなたのサイトは、商品を買ってくれそうな方(見込み客)にきちんと見てもらえていますか?


今回から全4回にわたって、サイトにSEO対策を施す上で重要になる「見込み客を集めるためのキーワード選び」について、その考え方や便利ツールの活用方法などをご紹介いたしますので、ぜひ、お付き合いください。


さて、「あなたのサイトに最適なキーワードを選びましょう!」といきなり言われても、何からやればいいか、わからない方のほうが多いと思います。最適なキーワードは選びは、以下のような流れで考えていくと良いでしょう。


◆キーワード選定の流れ


 

1:【抽出】(キーワードを拾い集める)

2:【拡散】(拾い出したキーワードを拡散させる)

3:【集約】(拡散させたキーワードを絞り込む)




第1回目の今日は、初めのステップ、【抽出】の部分、「キーワードを拾い集める(アナログ編)」についてご解説いたします。


まずは、あなたが選んだアフィリエイトプログラムのリンク先、つまり商品販売ページをご覧ください。


その商品販売ページは、プログラムの広告主である企業が、商品を売るために作ったページですからそこには、販促のプロが考えに考えた、「見込み客が商品を購入したくなるキーワード」がたくさん散りばめられているはずですよね。


それは言わば、「売れるキーワード」。最適なキーワード選定への第一歩は、この「売れるキーワード」を拾い集めるところから始まります。


そのページから、「固有名詞」や、「悩み」、「欲求」などに関するキーワードを、できる限りたくさん抜き出してみてください。そして、エクセルや、メモ帳などにどんどん貼り付けていきます。


ページによっては、テキストがコピー&ペーストできない部分(画像)もあるかもしれませんのが、そこはアナログなやり方で、目で確認し、手打ちしておきましょう。


商品販売ページから「売れるキーワード」を拾い集めることは、多少の慣れが必要ですので、初めはとまどわれるかもしれませんが、見込み客にサイトを訪問してもらうための訓練だと思って、がんばって取り組んでみてください。


第1回はここまでとなります。次回は、今回のアナログ編の補助として、「無料ツール」を使ったキーワードの拾い集め方をご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2010.05.12
見込み客を集めるためのキーワード選び(第2回)
2010.05.13
見込み客を集めるためのキーワード選び(第3回)
2010.05.14
見込み客を集めるためのキーワード選び(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る