各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社 メディアインタラクティブ 飯村 崇史
株式会社 メディアインタラクティブ
事業企画グループ
飯村 崇史 (イイムラ タカシ)
大学卒業後、組織コンサルティング会社の創業メンバーとして 立ち上げに参画。採用支援から組織風土改革に至るまで数多くの 現場でコンサルティングを行い、その後自社の顧客管理、集客の 仕組みを確立する。 現在は、調査設計から報告までをトータルサポートを行う オリジナルメイドのリサーチサービス、『アイリサーチ』を展開する 株式会社メディアインタラクティブにて、自社マーケティングを担当。 既存クライアントの満足度向上をはじめ、リサーチ経験のない 企業様にもリサーチに親しんでもらえるよう、業界の常識に とらわれない仕組みづくりを心掛けている
講師PR
業界随一の幅広いラインナップ&高い精度が自慢です。 総合マーケティングリサーチ『アイリサーチ』
http://www.i-research.jp/

リサーチを活用したひとつ上のアフィリエイト(第3回)

  • analysis
2010/05/26

「ひとつ上のアフィリエイト」を目指すための調査結果の活用法を、もう一つご紹介してみたいと思いますが、その上で、大事なことを知っておいてください。


それは、「業界の動向」だけでなく、「市場のニーズ」をつかむこと。


ご自身が活躍されている業界の動向は、ニュースや専門家の意見から容易に取り入れることができる時代となりましたが、動向ではなく、「市場のニーズ」という生の情報をきちんと反映しているのが、マーケティングリサーチの調査結果です。


こうした調査結果から、いち早く消費者の声をつかむことで「市場のニーズ」に応えた新たなサービスを選定できますし、また、その上で、業界の最新動向などの情報を発信していくことで、「この業界については○○さんに聞いてみよう」となるよう、ブランディングを行うことができます。


つまり、あなたの「ファン」を作っていくのです。


このブランディングが確立してきますと、前回、お話した「第三者」を出してこなくても、「○○さんが勧めるのなら一度試してみよう」というように、無条件で買ってもらえることも少なくありません。

これで、ビジネスはとてもやりやすくなります。


また、あなたのブログやメルマガを見ている人に、実際にアンケートを実施してみても面白いと思います。


あなたは、ご自身の読者の「属性」をしっかりと把握していますか?


例えば、30代女性をターゲットにしていたのに、実際に見てくれていたのは、20代女性がほとんどだった、なんてこともあるかもしれません。


属性さえ、はっきりとつかめれば、その後は、20代女性が求めている商品を選定し、成約率のアップを図ることもできるでしょう。


お客様のことを知らないと最適な提案ができないのは、リアルでも、ネットでも、そう変わりありません。

顔が見えないネットだからこそ、相手に一度聞いてみる、という働きかけがあっても良いのではないでしょうか。


次回はこのあたりをさらに掘り下げてお話しいたします。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  続きを読む>>
続編
2010.05.24
リサーチを活用したひとつ上のアフィリエイト(第1回)
2010.05.25
リサーチを活用したひとつ上のアフィリエイト(第2回)
2010.05.27
リサーチを活用したひとつ上のアフィリエイト(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る