各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社HARMONY 石井 研二
株式会社HARMONY
執行役員
石井 研二 (イシイ ケンジ)
95年からWEBプロデューサーとして活躍し、02年にはアクセス解析サービス『サイトグラム』を発表。年間15億ページビュー以上を解析する「日本一のログ読み男」として知られる。08年から株式会社HARMONYに合流。多くの商品開発に携わり、解析ノウハウを生かしたコンセプトメイキングで『サイトグラム・デイズ』『アレスト』などを生み出している。著書に『アクセス解析の教科書』(翔泳社)、『集客力を飛躍的に向上させるGoogleAnalyticsアクセス解析の極意』(秀和システム)等がある。  解析の極意』(秀和システム)等がある。
コーポレートサイトhttp://www.harmony-corp.co.jp/
講師PR
たった5分で精緻なレポートを生み出せます! アクセス解析レポート生成サービス『アレスト』
http://report.harmony.ne.jp/

アフィリエイトのための、もっと売れる!アクセス解析術2(第1回)

  • analysis
2010/07/05

株式会社HARMONYの石井です。


アフィリエイトで成果を出すためには、ユーザーが検索からあなたのサイトを訪れ、アフィリエイトリンクをクリックしてマーチャントサイト(外部サイト)へ移動し、実際に購入・申込みなどのアクションを起こさなければなりません。


今回は、この一連の流れを最適化するための、「有効な検索訪問者」を増やす方法を考えていきましょう。


まず、あなたのサイトの各ページにGoogleAnalytics(無料だから使わなきゃ損!)の解析タグを貼り付けます。そしてさらに、アフィリエイトリンクにもタグを設置すれば、そのページを訪れたユーザーのうち、アフィリエイトリンクをクリックし、マーチャントのサイトを訪れたユーザーが計測できるようになります。


アフィリエイトリンクをクリックしたユーザーは、成果に結びつくアクションを起こしやすい「有効な検索訪問者」である可能性が高いですよね。このリンクのクリックをGoogleAnalyticsの「目標」に設定すれば、ユーザーがどのキーワードを検索してページを訪問しているかが一目でわかります。


その方法は、管理画面から「キーワード」のレポートを開き、「目標セット」というタブをクリックするだけです。


大切なのは、「アクセスを稼いでいるキーワード」ではなく、「有効な検索訪問者を呼び込むキーワード」を見つけて、それを増やしていくこと。アクセスは多いけど効果のないキーワードに投資していては、意味がないのです。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2010.07.06
アフィリエイトのための、もっと売れる!アクセス解析術2(第2回)
2010.07.07
アフィリエイトのための、もっと売れる!アクセス解析術2(第3回)
2010.07.08
アフィリエイトのための、もっと売れる!アクセス解析術2(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る