各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社ベーシック 吉田 敦彦
株式会社ベーシック
Ferret事業部部長 兼 プロデューサー
吉田 敦彦 (ヨシダ アツヒコ)
1978年2月15日生まれ。大手電気メーカーにて流通・製造業などの業務/会計分野のコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社で戦略室室長および取締役(COO)を兼任。2008年9月 株式会社ベーシックへ入社。同社が運営するマーケティングサイト「Ferret PLUS」のプロデューサーを担当。2010年4月 Ferret事業部 部長へ就任 現在に至る。
コーポレートサイトhttp://www.basicinc.jp/
講師PR
【会員数10万人】WEBツール&情報ポータルサイトマーケター、アフィリエイターのための『Ferret PLUS』
http://ferret-plus.com/

儲かるキーワードを見つける方法(第1回)

  • analysis
2010/08/09

こんにちは。WEBマーケティングポータル「フェレット」の吉田です。


先日、とあるカリスマアフィリエイターさんと食事をする機会があったのですが、そのとき彼は「キーワードを見つけることに躍起になっている アフィリエイターが多過ぎる」という話をされていました。


確かに、私がプロデューサーを担当するSEO・SEMツールサイトを訪れるユーザーの動きを見ていても、キーワードアドバイスツールでの分析にばかり時間を使っている方が相当数いるようです。


検索ボリュームがあってビジネスにつながるキーワードを見つけたい気持ちはわかるのですが、ここにばかり時間を使っていては先がありません。


特にアフィリエイターは、SEO業者と違って、キーワードを見つけることが本来の目的ではありませんので、このあたりの作業はよりスピーディーに行う必要があると思います。そのためには、キーワードの探し方・調査方法を変えなければなりません。


まず、探し方の前に「儲かるキーワード」というものについて良く知る必要があります。単純に検索回数が多いものが「儲かるキーワード」だと考えている方もたくさんいらっしゃるのですが、それは違います。


「儲かるキーワード」とは、「費用対効果の高いもの」です。つまり、時間やお金をかけてそのキーワードで広告を出したりSEO対策を施したりしたときに、「それ以上の売上が見込めるかどうか?」が大切なのです。


この視点を持つと、キーワードの探し方がかなり変わってきます。自分が探し出したキーワードでどのような商品・サービスを販売できるのかはもちろんのこと、販売単価から逆算することでSEMやSEO対策に割ける時間やお金がはっきりしてきます。


リスティング広告を出稿したことのある方は費用対効果という考え方を理解しやすいと思いますが、自力のSEO対策のみで集客を行っている方には見落としがちな視点のようです。


このような視点を持ってキーワードの分析をしたことがないようでしたら、これからキーワードアドバイスツールを利用する際にはぜひ意識してみてください。今までとは違ったキーワードを発見できるかもしれません。


今回はここまでです。次回は、費用対効果が高いキーワードの具体的な探し方をご紹介します。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2010.08.10
儲かるキーワードを見つける方法(第2回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る