各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社かっぺ 佐藤 輝幸
株式会社かっぺ
Webプロデューサー・代表取締役CEO/千葉大学非常勤講師
佐藤 輝幸 (サトウ テルユキ)
1978年群馬県桐生市出身。株式会社かっぺ代表取締役。 Webマーケティングシステムの開発やブログマーケティングシステム「CORESIS」を開発・販売している。最近では、iPhoneアプリやmixiアプリを活用したソーシャルメディアマーケティングの企画制作を行っている。
コーポレートサイトhttp://www.kappe.co.jp/
講師PR
iPhoneアプリを作って販売しませんか? 株式会社かっぺ『iPhoneアプリ企画・制作サービス』
http://www.kappe.co.jp/service/iphone.html

「はじめに」~ココロを伝えるソーシャルメディア~(第1回)

  • attract_users
2010/08/23

◆はじめに



インターネットを、地球一大きな商店街と見立ててみましょう。


生活者は検索エンジンを活用することにより、時間・場所に関係なく気になるお店で、店員の目も気にせず自分のペースで商品を選び、気に入った商品を買うことができます。


まさに生活者主権。


選択肢が星の数ほどあるわけです。


それでは、自分のサイトを訪問してくれた生活者に商品を買ってもらうためには一体どうしたらよいのでしょうか?

今や、インターネット上には情報が氾濫し、何が価値ある情報かを判断することが難しい状況。そんな中、インターネット上に存在するより近い立場の人の声や友人の口コミといった情報に価値が生まれてきました。

自分のサイトを好きになってもらうには、これまでの「自分からアピールする」という流れではなく、ユーザに「発信してもらう」ということが必要なのです。


それを可能にする手法が、「ソーシャルメディアマーケティング」。


これから全4回にわたって、ソーシャルメディアマーケティングを学び、ユーザと「つながる」サイト作りを考えていきましょう!



◆ソーシャルメディアとは?



その定義は人により様々ですが、一言でいうと、「Web上での、顔の見える コミュニケーションメディア・ツール」です。


日本でも最近ブームとなったつぶやきサービス“Twitter”や、今や全国的に定着したSNSサービス“mixi”、“GREE”等がソーシャルメディアとして有名です。


海外では、世界最大のSNS“Facebook”、動画投稿サイトとして有名な“YouTube”、リアルタイムの映像配信が話題の“Ustream”等も、活発なソーシャルメディアとして進化を遂げています。



◆活発なコミュニケーションが必要



ここで注意していただきたいのは、「一方的な発言や情報発信だけではソーシャルメディアは成り立たない」という点です。


あくまで、ユーザと運営者(またはユーザ同士)の間に活きたコミュニケーションが生まれる場所をソーシャルメディアと呼ぶわけです。


「流行っているからTwitterを使ってつぶやいてみた」。


これだけでは、ソーシャルメディアとしての価値はないのです。



◆ネット販売は無人販売所



インターネット販売の世界は、言わば無人販売所のようなもの。同じ無人販売所で買うなら、ユーザは当然、「安く」て「美味しそう」なものを選ぶでしょう。


昨日に買った店よりも、安くて美味しそうな品揃えの店があれば、客足はそちらに流れるのです。


他より安くできれば良いですが、現実はそうはいきません。安売り競争ばかりではやがて疲弊してしまいますし、利益が出せなければ、運営すらままなりません。



◆無人販売所から生鮮市場へ



そこで、ソーシャルメディアマーケティングの出番です!


ソーシャルメディアを活用して、アフィリエイトサイト上でユーザとのコミュニケーションを行うことで、無人販売所は、活気のある生鮮市場へと変化します。


生鮮市場では、「値段」や「品質」だけではない、対話による「温もり・人間味」を伝えることができるのです。


もちろん「温もり・人間味」を伝えることは簡単ではありません。


並大抵の努力では、伝わるどころか逆効果にもなり得ます。でもそれが達成された時、ユーザにとってはまた来たくなる『本当に好きな店』となるのです。



◆次回は“Twitter”です!



まずはソーシャルメディアマーケティングを行う上での知識の準備、心構えについてお話しいたしました。


次回は“Twitter”について学びながら、実際にソーシャルメディアマーケティングについて考えていきましょう!



【!】ご注意ください

ソーシャルメディア上には、アフィリエイト広告を掲載することはできませんので、あらかじめご了承ください。アフィリエイトサイトからソーシャルメディアにリンクを貼る等、あくまでも「間接的」に利用する手法として捉えていただけると幸いです。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2010.08.24
「Twitter」~芯の通ったコミュニケーションを~(第2回)
2010.08.25
「Facebook」~一足先に乗り込もう~(第3回)
2010.08.26
「おわりに」~新しいコミュニケーションの時代へ~(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る