基礎からマニアな情報まで「アクトレSEO強化ゼミ」

株式会社インタースペース 門田 俊介
株式会社インタースペース
SEOグループ SEOテクニカルディレクター
門田 俊介 (カドタ シュンスケ)
トップページのみの集計で1日15,000~20,000PVものアクセスがある人気携帯サイトを個人で運営していた経験から、WEBサイトの面白みを感じ、2002年にWEB業界へ転向。WEBディレクターを経験したのち、2007年の上京をきっかけに本格的なSEOの研究をはじめる。現在では、アルゴリズムの変動やロジックを自身が運営する複数のサイトで実験しながら、日々、今最も効果のある施策を追求している。
コーポレートサイトhttp://iseo.jp/

SEOテクニカルディレクターの調査報告書 [9]

  • seo
2011/03/25

*このコラムは、2011年3月25日に配信されたアクセストレードメルマガのバックナンバーです。一部、本日現在の状況とは異なる可能性がございますのでご了承の上でご覧ください。

 

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。SEOのテクニカルディレクターをしております門田と申します。

 

皆さんはtwitterを利用されていますか?リアルタイムで情報収集できるツールとして、うまく活用していきたいですよね。

 

私もSEOの情報などをつぶやいておりますので、良かったらチェックしてみて下さいね!

Twitter: http://twitter.com/#!/kado_shun

 

また、情報発信の場として、iSEOのFacebookファンページを立ち上げてみました。お時間ある際に、ぜひのぞいてみて下さい。

Facebook: http://www.facebook.com/iseo.jp

アカウントをお持ちの方は、もし「面白い!」「役に立つ!」と思ったら、「いいね!」を押していただけると嬉しいです!

 

さて、今回のコラムの内容ですが、情報に敏感な方はもうすでに小耳にはさんでいてとても気になっている情報だと思います。

 

そうです。米Googleの公式ブログで2月24日に発表されたこの記事について、です。

 

 


Findingmorehigh-qualitysitesinsearch


 

要約すると下記のように書かれています。


 

・大規模なアルゴリズム更新で、検索全体の11.8%に影響がある。

・検索ユーザにとって価値の低いサイトや他のサイトのコピーしただけの役に立たないサイトは、低品質と判断してランキングを下げる。

・独自調査や掘り下げたレポート、熟考された分析などのオリジナルコンテンツと情報を含むサイトを高品質と判断してより上位に表示させる。

 


 

この中で特に気になるのは、「検索結果の11.8%への影響」という部分です。

 

通常のGoogleだとアルゴリズム更新をしても2%程度の影響がほとんどでその約6倍の影響がある今回の更新はかなりの大規模なものになります。

 

そのため、今回のアルゴリズムではかなりの順位変動が起き、これまで上位にいたサイトが一気に圏外に落ちる可能性も高くあります。

 

上記の要約に心当たりのある方は早急に対応された方がよさそうです。

 

ただ!この更新、現在は『米国だけ』の導入となっています。他国へは順次展開予定ということで、日本での影響は考えられないと現時点ではいわれています。

 

と書くと安心された方もいるかもしれませんね。しかし、安心するのはまだ早いかも知れません。このタイミングでは、まだ米国だけにしか導入されていないといわれているアルゴリズムですが、もうすでに日本への影響が出始めているのかもしれないと私はみています。

 

というのも、2月24日の米Googleアルゴリズム更新から今日までの約2週間で、順位が明らかに落ちているものが数件見られているのです。順位の落ちているサイトの一つはサイト内に重複コンテンツを展開しているサイトでした。同じような同一コンテンツで構築されているサイトを複数ベンチマークしていた訳ではないので、偶然かも知れませんが米Googleが今回行ったアルゴリズム更新の内容に引っかかるサイトの作りでした。

 

そしてさらに、同一コンテンツがサイト内に存在しないのに順位が落ちているサイトも数件発見しました。これらのサイトの順位変動が、通常の動きなのか今回の更新が関係しているのか確認するために順位が落ちた要因を調査してみました。

 

そうすると、順位の落ちているサイトの意外な共通点が見つかったのですが、現在では比較件数も少なく確証としてお伝えできる段階ではありません。不確実な情報を出し無意味に不安感を与えてもいけませんので詳細をお伝えするのは、この場では差し控えさせていただきます。

 

ただ、一言申しますと「外部リンク」について一定の共通点が見つかりました。現在、外部施策を行っていて順位が落ちているサイトはもしかしたらこの共通点に当てはまる状態なのかもしれません。

 

2月24日以降に順位が急激に落ちていて被リンク施策を行っている方で確証のない情報でも構わないから教えて欲しい、という方は下記の無料診断フォームからお問い合わせください。お力になれることが、あるかもしれません。

 

 


iSEO 「サイト無料診断」フォーム

WEBコンサルタントが診断し、共通点に当てはまるかどうかご返答いたします。


 

それでは、今回も長文にて失礼いたしました。

 

ご意見、ご感想などもお待ちしております!

 

今後も、SEO施策で噂話になっていることや実際有効な施策をご紹介してまいりたいと思っておりますので、次回も読んでいただければ幸いです。

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る