基礎からマニアな情報まで「アクトレSEO強化ゼミ」

株式会社インタースペース 門田 俊介
株式会社インタースペース
SEOグループ SEOテクニカルディレクター
門田 俊介 (カドタ シュンスケ)
トップページのみの集計で1日15,000~20,000PVものアクセスがある人気携帯サイトを個人で運営していた経験から、WEBサイトの面白みを感じ、2002年にWEB業界へ転向。WEBディレクターを経験したのち、2007年の上京をきっかけに本格的なSEOの研究をはじめる。現在では、アルゴリズムの変動やロジックを自身が運営する複数のサイトで実験しながら、日々、今最も効果のある施策を追求している。
コーポレートサイトhttp://iseo.jp/

SEOテクニカルディレクターの調査報告書 [11]-Google「パンダアップデート」で気をつけた…

  • seo
2011/05/06

いつもお読みいただき、ありがとうございます。SEOのテクニカルディレクターをしております門田と申します。

 

このコラムでは普段の業務で得たSEOの最新情報や行っている施策といったより技術的な内容でお送りしております。

 

それでは早速今回の報告です。「パンダアップデート」と呼ばれている近々起こる確率の高いであろうGoogleのアップデートで気をつけたい「重複コンテンツ」についてのお話しです。

 

まずは、下記のGoogleの考えを読んでみてください。

 


 

【重複コンテンツとは】


一般に、重複コンテンツとは、ドメイン内または複数ドメインにまたがって存在する、他のコンテンツと完全に同じであるか非常によく似たコンテンツのまとまりを指します。(下記ページ内より抜粋)

 

[参照]Googleウェブマスターセントラル 「重複コンテンツ

 


 

このようにGoogleは重複コンテンツを定義しています。また、悪意のない重複コンテンツについてもその対処法をつたえてくれているのです。

 

以前から重複コンテンツはよくないと言われていましたので、すでに気をつけている人も多いかと思います。

 

ところが一足早く導入された米国では、重複コンテンツに気をつけ優良なコンテンツのみを保有しているかにみえたサイトも、アップデートにより順位が落ちてしまったケースも実際には起きているようです。その原因を探ってみると思いもよらないところで実は重複コンテンツが発生していて、その影響を受けたとみられています。

 

最近でもまたGoogleウェブマスター向け公式ブログで重複コンテンツについて取り上げられておりました。

 


Google ウェブマスター向け公式ブログ

複数のサイトを運営する皆さまへ


 

海外での実例と公式ブログをみるかぎりでは、できるだけ早い段階での確認とその対応を進めることが必要なのかもしれません。

 

以上、注目の「パンダアップデート」から重複コンテンツについてお話しさせていただきました。

 

今回のコラムでお話ししたようなSEOの技術的なおはなしや最新情報などを下記のTwitterやFacebookで定期的に発信しています。もしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね!

 

▼Twitter

@kado_shun

 

▼Facebook

SEO成果報酬型施策「iSEO」~インタースペース Face book(フェイスブック)ページ

 

それでは、今後もまたSEO施策でうわさ話になっていることや実際有効な施策をご紹介してまいりたいと思っておりますので、次回も読んでいただければ幸いです。

 

 

 

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2011.05.09
SEOテクニカルディレクターの調査報告書 [12]-Googleアップデートが『広告掲載』に影響!?-

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る