基礎からマニアな情報まで「アクトレSEO強化ゼミ」

株式会社インタースペース 片岡 武志
株式会社インタースペース
SEOグループ リーダー
片岡 武志 (カタオカ タケシ)
大学卒業以降10年間営業現場に身を置き、大手人材会社在籍中には年間MVPを2年連続で獲得。WEBマーケティング会社においては、WEB/SEOコンサルタントとして数多くの企業を支援する。多くの経営者やWEB担当と向き合ってきた経験を経て、現在は(株)インタースペースのSEO事業を担当。「WEBもその先には必ず人がいる」をモットーに、リアルな現場経験を踏まえたコンサルティングを行っている。
コーポレートサイトhttp://www.interspace.ne.jp/
講師PR
iSEOサービスサイト
http://iseo.jp/

SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第5回)

  • seo
2010/12/03

こんにちは。インタースペースの片岡武志(かたおかたけし)です。

 

「SEO業者を見極める方法」というテーマで、これまで4回にわたってご説明してまいりましたが、今回が最終回です。

 

前回、SEO業者の実力は「実績」と「どれだけ情報開示しているか」で判断するのが手っ取り早い、というお話をしました。

 

ではその2点を、どのように見ていけば良いのかについてご説明してまいります。

 

 


◆SEO業者の実力を手っ取り早く知る方法


 

「実績」といっても、

 

・上位表示率◯◯%

・過去に上位を獲得したキーワード

 

こういった項目でSEO業者の実力を判断するのは、ちょっと危険かもしれません。

 

ですから、できればSEO業者に「施策したサイトの順位推移(難キーワードの事例)」を見せてもらいましょう。

 

これを見るだけでも、

 

・難しいキーワードでも上位表示できる実力があるか

・もともと何位にあるサイトを上位表示させたか

・過去のものではなく、最近の成功例か

・どれくらいの期間で上位表示できたか

 

などを把握することができます。また、「施策したのは具体的にどのサイトか」ももちろん参考にはなりますが、「顧客情報」の範疇となるため、SEO業者としては公開しづらい側面もあるでしょう。

 

そういった事情もありますので、「施策したサイトの順位推移(難キーワードの事例)」まで開示してくれるSEO業者であれば、比較的信頼できるかと思います。

 

実力のないSEO業者の場合はきっと教えてくれないはずなので、そういう意味でも「どれだけ情報開示しているか」は重要な判断基準になるでしょう。

 

ちなみに、「リンク◯◯本を設置して、月額◯◯◯円」といった、月額固定料金のリンク提供サービスの場合は、「設置したリンクのリスト」を必ず公開してもらいましょう。

 

SEOというサービスは、提供される内容が目に見えにくいからこそ、SEO業者に対して、可能な範囲で「情報開示」を求めることが、あなた自身のリスク回避につながりますよ!

 

以上、SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」としてこれまでいろいろとお話してまいりましたが、参考になりましたでしょうか?最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

それではまたお会いできることを楽しみにしています!

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  
続編
2010.11.29
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第1回)
2010.11.30
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第2回)
2010.12.01
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第3回)
2010.12.02
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る