基礎からマニアな情報まで「アクトレSEO強化ゼミ」

株式会社インタースペース 片岡 武志
株式会社インタースペース
SEOグループ リーダー
片岡 武志 (カタオカ タケシ)
大学卒業以降10年間営業現場に身を置き、大手人材会社在籍中には年間MVPを2年連続で獲得。WEBマーケティング会社においては、WEB/SEOコンサルタントとして数多くの企業を支援する。多くの経営者やWEB担当と向き合ってきた経験を経て、現在は(株)インタースペースのSEO事業を担当。「WEBもその先には必ず人がいる」をモットーに、リアルな現場経験を踏まえたコンサルティングを行っている。
コーポレートサイトhttp://www.interspace.ne.jp/
講師PR
iSEOサービスサイト
http://iseo.jp/

SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第1回)

  • seo
2010/11/29

こんにちは。インタースペースの片岡武志(かたおかたけし)です。

 

今回は、SEO教室“実戦編”として、難しいキーワードで上位表示を狙っている方のために、「SEO業者を見極める方法」についてお話させていただきます!

 

これを意識しているか否かで、SEO業者の選び方や付き合い方が変わってくるかと思いますので、ぜひ参考になさってくださいね。

 


◆お客さんに明かさないSEO業者のホンネ


 

現在のSEOサービスの主流は、獲得順位を成果条件とする「成果報酬型」です。

 

SEO業者にとっては、依頼者のサイトが課金対象となる順位まで上がらないと成果報酬が発生しないわけですから、当然のことながら彼らはまず、「課金対象順位の獲得」を目指すことになります。

 

例えば、「10位以内獲得時に成果報酬が発生」としているサービスの場合は、サイトを10位以内に入れることが何より先決なわけです。

 

さて、ここからが大事なポイントです。

 

SEO業者は、新規のSEO対策を受注すると、「技術者の工数」や「リンクリソース」など数々のコストをかけて、施術を行っていきます。

 

しかし、「課金対象順位の獲得」を実現できるまでの期間は、成果報酬が発生しない、つまり、お客さんから料金をもらうことができないので、かかったコストは「先行投資」のような形になるわけです。(高い初期費用を設定している業者は別ですが)

 

だからこそ、課金対象順位の獲得後は、それまでに投資したコストを回収し、利益に変えていかなければなりません。

 

つまり、課金対象順位を維持しつつ、成果報酬を「長い期間」もらいたいと考えるのです。

 

※SEOサービスの契約期間が、6か月以上など長めに設定されているのは、そのためです。

 

 


 

 

以上の2点を考慮した上で、次回は、どうすれば良いSEO業者を選べるのか、うまく付き合っていけるのかについてお話してまいりたいと思います。

 

それでは、次回もお楽しみに!

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
続きを読む>>
続編
2010.11.30
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第2回)
2010.12.01
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第3回)
2010.12.02
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第4回)
2010.12.03
SEO教室“実戦編”「SEO業者を見極める方法」(第5回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る