各業界のプロに学ぼう「本じゃ読めないアフィ講座」

株式会社ネットフロンティア 黛 隆秀
株式会社ネットフロンティア
コンサルティング部 アカウントプランナー
黛 隆秀 (マユズミ タカヒデ)
インターネット広告代理店3社(うち上場2社)を渡り歩き、リスティング広告に7年間携わる。 その他、費用対効果を重視したWebサイトのリニューアルや、インターネットプロモーション全般を販売する経験も持つ。
コーポレートサイトhttp://net-frontier.jp/
講師PR

注目の新手法「ユーザー追跡型広告」(第2回)

  • attract_users
2010/10/13

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。株式会社ネットフロンティアでWebマーケティングのコンサルティングをしております黛隆秀(マユズミタカヒデ)です。

 

前回より、Googleの注目の新サービス、ユーザー追跡型広告「リマーケティング」についてお話させていただいておりますが、リスティング広告の費用対効果をさらに上げていきたいと考えていた方は、特に興味を持たれたことと思います。

 

中には、そんな技術を使うには設定が複雑なんじゃないかと構えてしまう方もいるかもしれませんが、心配の必要はありません。『GoogleAdWords』で広告を出稿したことがある方ならば、今の管理画面から簡単に設定が可能です。(もちろん、経験のない方でもアカウントを開設すれば使用可能です)

 

管理画面から専用のタグを発行し、各ページにタグを設置することで、そのページに訪問したユーザーのリストを作成できます。そして、特定のリストに対してだけ広告を表示することが可能となります。

 

「リマーケティング」は、どの業界・商材でも利用できる有効な手法であり、ユーザーとの価値あるコミュニケーションを実現してくれます。検索連動型広告でサイトにトラフィックを集めた後、サイトに訪問したことのあるユーザーを「リマーケティング」の対象とすれば、より戦略的な広告展開をすることができるでしょう。

 


◆リスト作成機能が便利!


 

「リマーケティング」の対象としたいユーザーリストは自由にカスタマイズできます。例えば、あるサービスの比較サイトで、複数のページを閲覧しているユーザーを登録し、「購買意欲の高いユーザー」というリストを作成することもできます。あなたの戦略に合わせて、よりコンバージョンにつながりやすい効果的な訴求パターンを作ってみてください。

 


◆費用対効果を最適化できる!


 

「リマーケティング」は、費用対効果が高くなるようにより効率の良い入札単価を設定できます。・インプレッション単価制(CPM)・クリック単価制(CPC)これらを使い分け、費用対効果をどんどん高められるよう運用していってください。

 


 

以上のように、「リマーケティング」はアフィリエイトにも有効な広告手法として、今、大変注目されています。

 

次回は、運用の際に重要となってくる「設定方法」についてご説明しますので、お楽しみに。それではまた、お会いしましょう。

 

 

※リスティング広告は費用が発生するため、思うように成果につながらない場合は損失が生じる可能性がございます。自己責任の範囲でご利用くださいますようお願いいたします。また、リスティング広告の利用がNGのプログラムもありますのであらかじめご了承ください。

Loading...
このエントリーをはてなブックマークに追加      mixiチェック
<<前の記事に戻る  続きを読む>>
続編
2010.10.12
注目の新手法「ユーザー追跡型広告」(第1回)
2010.10.14
注目の新手法「ユーザー追跡型広告」(第3回)
2010.10.15
注目の新手法「ユーザー追跡型広告」(第4回)

▲ページトップへ戻る

1CLICKアンケート!!
Loading...
1CLICKアンケート!!
アフィリエイトで稼ぐための心構え3カ条
1.「稼ぐ気持ち」を出しすぎない
稼ぎたい気持ちが全面に出ていると、ユーザーはサイトに対し良い印象を持ちません。
2.「納得できる方法」で稼ぐ
報酬額ばかりで選ばず、自分自身がお薦めできるプログラムを心が伝わるように紹介しましょう。
3.実績のある方法や考え方などを「学ぶ」
「成功者のノウハウ」、「今盛り上がっている市場は?」など、常に最新情報をキャッチし、実践できているかどうかが、アフィリエイト成功のカギ。アフィ大では、アフィリエイトで稼ぐためのお役立ち情報を数多くの成功者が発信しています。ぜひご活用ください!

▲ページトップへ戻る